後房型有水晶体眼内レンズ ICL KS-AquaPORT

日本で生まれた新設計レンズ 

近視矯正用眼内レンズ

レンズ中央の小さな穴がより進化した手術へ


以前の穴のないレンズの場合は、手術の際使用する粘弾性物質を手術終了時に抜くことが大変でした。

後面から前面への水の流れをスムーズにするため、虹彩にトンネルを作成する必要がありました。この虹彩切開は時として角膜内皮細胞を傷つけてしまうこともありました。レンズ中央の小さな穴によって作られる後面から前面への水の流れが、手術・作業を簡易化し、術後の眼圧上昇も抑える役割を果たします。

屈折矯正はQOV(視覚の質)を考える時代へ


  • 明所、暗所でもコントラスト感度が術前より良好または変わらない。
  • 高い矯正精度・高い予測性
  • 矯正視力の術後の安定の良さ 

 


手術方法


眼内レンズ手術方法1

①3ミリの切開創からインクジェクターにて挿入します

眼内レンズ手術方法2

②眼内でゆっくり広がります

眼内レンズ手術方法3

③支持部を虹彩の後ろに挿入します

眼内レンズ手術方法4

④アイシーエルを毛様溝に留意します


幅広い矯正範囲

角膜を削ることが出来ない強度近視の方、角膜厚の薄い方、角膜形状不正の方にも利用できます。※術前検査の結果により、利用できない場合があります。

ドライアイリスクの軽減

角膜を削る屈折矯正手術と比較して切開創が小さいため、術後ドライアイの発症するリスクを軽減します。

色鮮やかな見え方

収差の増加が最小限でコントラスト感度の低下がないため、色鮮やかな見え方を実感できます。